レゴランドジャパンの2018年福袋|中身ネタバレ「1万円の青袋」を買いました。

新年おめでとうございます。

お正月早々、開園前からレゴランドジャパンに並んで、レゴランドジャパン初の「福袋」を購入してきました。

買った福袋は「1万円・青色」の福袋。福袋の中身ネタバレと、レゴランドジャパン初の、「福袋販売の様子」を書いてみたいと思います。

目次
レゴランドジャパン 2019年「福袋」
1.レゴランドジャパンの2018年「福袋」
2.購入した福袋に入っていた中身とその金額は?
3.2018年福袋を買ってみた感想
4.福袋の販売方法|購入するまで

レゴランドジャパン 2019年「福袋」

レゴランド2019年福袋は、2019年1月1日。ビッグショップで販売されます。

2019年の福袋は、3種類で、お値段は全て1万円です。

  • 福袋「赤」
  • 福袋「青」
  • 福袋「グレー」

福袋には、ショッパーバッグ、バックパック、レゴボックスセット、ミニフィギュアアクセサリーセットなど24,000円相当の商品が入っています。

レゴランドジャパンの2018年「福袋」

「福袋の中身ネタバレ」レゴランドジャパンの2018年福袋は6種類でした。

1万円の福袋が2種類と、5千円の福袋が4種類ありました。

「1万円の福袋・赤」と「1万円の福袋・青」

「5千円の福袋・赤」「黄色」「青」「黒色」

購入した福袋。中味と金額は?

2018年元旦に発売されたレゴランドジャパンの福袋6種類の中で、我が家が購入したのは、「1万円の福袋・青」です。

黄色いレゴランドジャパンの袋に入って販売されていました。

結構大きくて、ずっしりと重いです。

その福袋の中身は、こんな感じでした。

順番に見ていきたいと思います。

LEGO「ショッパーバッグ」 1500円の値札がついていました。

福袋の中身は、この「ショッパーバッグ」の中に入っていました。

「LEGOのバックパック」 販売価格7,000円

1万円の福袋の中で、赤のバックパックより、こちらの青のバックパックの色の方が使いやすそうだったので、「福袋・青」を選びました。

LEGOLAND JAPANの「ノートブック」

LEGOLANDの「マスキングテープ」 販売価格400円

LEGOLAND JAPANの「ネックストラップ」 販売価格 1,000円

そして「キーチェーン」は2種類入っていました。

「キーチェーン」1個目。青いレゴブロックのキーチェーン。

2種類目は、スターウォーズ「チューバッカ」のキーチェーン。

「ミニフィギュアアクセサリーセット」2,500円

「コップ」1,500円

「コップ」というより「レゴのカップ」これは前々から欲しかったものなので、嬉しいです!

そして更に、「レゴ・ボックスセット」は、3種類も入っていました。

「LEGO 40158」パイレーツのチェスセット。販売価格 12,800円。

2種類目は、「LEGO BATMANのムービーメーカーセット」

そして、3種類目は「レゴのピクチャーフレーム」

そのほかには、「フォト商品」の500円割引券が2枚ついていました。

合計点数13点の福袋でした。

レゴランドジャパン2018年福袋を買ってみた感想

今回のレゴランドジャパンの福袋を購入してみた感想ですが。

福袋の中身として最初に明記されていた「レゴボックスセット」が3種類も入っていたのは、予想外でした。

福袋ですので、その中身が個人の好みに合う・合わないはあると思いますが、福袋の中身としては、金額的に豪華な福袋だと思いました。

今回購入したのは「1万円の福袋・青色」です。

中に入っていた商品の販売価格を考えてみると、「LEGO パイレーツチェスセット」が 12,800円。レゴバックパックが 7,000円で、この2点で販売価格は2万円近くいっています。

総額で考えると、販売価格は3万円を超える福袋でした。

4.レゴランドジャパン「2018年福袋」の販売方法|購入するまで

来年以降の参考になるかどうかは分かりませんが、今年(2018年)の福袋を購入するまでを書いてみたいと思います。

2018年1月1日(元旦)

レゴランドジャパンの入場門に到着したのは、開園30分前の午前9時30分頃でした。(元日の開園時間は午前10時)

すでに入場門前には、開園待ちの列が出来ていました。

午前10時に開園

入場してすぐに、「ビッグショップ」の前に準備されていた行列ロープに並ぼうと「ビッグショップ」に向かいました。

が、なんと・・・

「ビッグショップ」の本日の営業時間は、12時オープン。。。

レゴランドジャパンの福袋は、開園時間10時と同時に購入できるものと思い込んでいたので、お店のオープンが12時にはびっくりしました。

係のかたに聞いてみると、福袋の販売はビッグショップのみで行う。

整理券や予約券、抽選券などの配布等は一切なし

購入するには、ビッグショップのオープン待ちの行列に並ぶしかないということでした。

レゴランドの開園時間を30分待ち、更にここから2時間の「ビッグショップ」のオープン待ち・・・。

ビッグショップのオープン20分前の、福袋購入の行列。

我が家は、ブルが頑張って並んでくれました・・・(ありがとう)

kumaは小くまを連れて、アトラクションを回ったり、のんびりと時間調整をした後、オープン前にブルと合流させてもらいました。

でもこれ、幼児連れで大人ひとりで来ていたら、とても2時間なんて待てないですよね・・・

ビッグショップ・オープン

そして「ビッグショップ」のオープン。

ショップがオープンしても行列のまま、店内奥の福袋の場所まで、係の人の案内が続きます。

福袋争奪戦といったような混雑はなく、ゆっくりと福袋の販売場所まで歩いていって、お目当ての福袋をGETしました。

今回の福袋は、「1万円の福袋」と「5千円の福袋」があったわけですが、1番人気は「1万円の福袋・青」だったようです。

その次が、「1万円の福袋・赤」で、12時15分頃に見た時にはもう「1万円の福袋」は両方なくなっていました。

残りは、「5千円の福袋」だけになっていました。

「5千円の福袋」は、14時すぎに「ビッグショップ」をのぞいた時にもまだ少し残っていたようです。

以上「レゴランドジャパンの2018年福袋|中身ネタバレ「1万円の青袋」を買いました。」でした。

レゴランドジャパン初の福袋。開園前から並んで購入してみて、楽しい思い出になりました。