レゴランド・ジャパン・ホテルに宿泊!施設編/レゴランドホテルの特典は?プール、ショップ

レゴランド・ジャパン・ホテルに宿泊しました。レゴランドホテルの宿泊特典と、レゴランド・ジャパン・ホテルの施設、内装、フォトスポットなど「レゴランド・ジャパン・ホテルの施設編」をまとめてお伝えしたいと思います。

目次
1.レゴランド・ジャパン・ホテルとは?
2.宿泊者特典
3.フォトスポットなエントランス
4.フロントデスク・ゲストサービス
5.プール|ウォーター・プレイ・エリア
6.クリエイティブ・ワークショップ
7.キッズプレイエリア
8.ホテルショップ
9.ホテル内の内装
10.自動販売機・氷マシーン

1.レゴランド・ジャパン・ホテルとは?

レゴランド・ジャパン・ホテルとは、愛知県名古屋市のレゴランド・ジャパンに隣接する「レゴランドリゾート」のホテルです。

レゴランドホテルは、2018年4月1日にプレオープン、

2018年4月28日にグランドオープンしました。

宿泊者特典

ウォータープレイエリアを利用できる

レゴランドホテルに宿泊すると、宿泊客限定のウォータープレイエリアを利用することが出来ます。

滞在中はずっと、レゴの世界観で

レゴランドホテルに宿泊すると、滞在中ずっと、レゴの世界観の中で遊ぶことが出来ます。

レゴランドホテルの部屋の中には、独立した「こども部屋」のスペースがあります。

最上位の「スイートルーム」から、最も料金の安い「テーマルーム」まで。独立した「こども部屋」が付いています。

写真の子供部屋は、「テーマ:アドベンチャー」の「テーマルーム(ビュー)」の部屋の様子です。

レゴランドホテルのお部屋の中には、「レゴ・ブロック」が用意されています。

お部屋の中で自由に遊ぶことができます。(持ち帰りは出来ません)

また、ホテルの共有施設の中でも、レゴで遊ぶことができます。

レゴランドホテル。1階フロント前のレゴの山。

2階レストランエリアのキッズ・プレイ・エリア。

忍者屋敷の大きな、ニンジャゴーのトレーニングハウス。

レゴの海に浮かぶ海賊船など、かなり大がかりなキッズ・プレイ・エリアもあります。

お部屋で宝探しゲームができる!

レゴランドホテルに宿泊すると、お部屋で宝探しゲームが出来ます。

トレジャーボックスの開錠番号を見つけてトレジャー・ボックスを開けると、中に入っているお宝をもらうことが出来ます。

宿泊した時のお宝は、シティの手錠と、ニンジャゴーの小剣でした。

宝探しゲームのお宝は、持ち帰ることが出来ました。

我が家は日頃から、ニンジャゴーやシティのグッズは購入したことがなかったので、小くまは、このお宝に大喜びでした。

帰宅してからも、気に入って遊んでいます。

フォトスポットなエントランス

レゴランドホテルのエントランスは、ホテルを守るドラゴンが出迎えてくれます。

一定間隔で、ドラゴンの鼻から鼻息が吹き出します。

ドラゴンの鼻息は、3回ほど繰り返されます。

1回目のシャッターチャンスを逃しても、そのままカメラを構えていると、2回目・3回目の鼻息を取れる可能性は「大」です。

レゴランドホテルのエントランス。

レゴランドホテルの玄関です。

レゴ人形のホテルマンが、迎えてくれます。

そして、ホテルの中にもレゴのドラゴン。

フロントデスク・ゲストサービス

レゴランドホテルの、フロント・レセプションとコンシェルジェデスクです。

フロントの奥の壁には、たくさんのミニフィグたちが飾られています。

アップにしてみるとこんな感じです。

プール|ウォーター・プレイ・エリア

プールの場所と営業時間

レゴランドホテルのプールは、ホテルの1階にあります。水深25センチ~60センチのキッズプールになります。

プールの営業時間は、8:00~20:00 です。

ウォーター・プレイ・エリア|注意事項

レゴランドホテルのプール「ウォーター・プレイ・エリア」は、ホテル宿泊者限定のエリアです。
ウォーター・プレイ・エリアに入るには、ホテルの宿泊キー(宿泊カード)が必要です。

ウォーター・プレイ・エリア

・12歳以下の方は16歳以上の方の付き添いが必要です。
・水遊び場で遊ぶ方は水着を着用してください
・乳幼児は水遊び専用オムツの上に水着を着用してください
・水遊び場に入る前には必ずシャワーをあびてください

・飲食・喫煙はご遠慮ください
・ガラスびんの持ち込みはご遠慮ください
・予告なく運営を中止することがありますのでご了承ください
・刺青・タトゥーのある方のご入場・ご利用をお断りいたします

更衣室・ロッカー・シャワー

ウォータープレイエリアには、男女別で簡易的な更衣室とロッカールームがありました。


ウォータープレイエリアのロッカールーム


更衣室の中には、タオルが用意されていました。
水着さえあれば、タオル類などは更衣室にあるものを利用できました。

更衣室の中とプールエリアには、シャワーもありました。

プールエリアで遊んだ後に、シャワーを浴びて着替えることが出来ました。

使用した水着を洗ったり、脱水する設備(洗濯機等)は、ありませんでした。

プール「ウォーター・プレイ・エリア」の様子

レゴランドホテルのプールは、水深25センチ~60センチです。

プールの水深の浅い場所は、身長106センチで、このくらいの水位でした。

こちらは、水深が深めなのでしょうか。このくらいの水位でした。

プールの室温、水温、湿度などは、プールエリアに提示されていました。

この日の室温は25度。プールの水温は、31度でした。

プールには、監視員のかたが2名体制で見ていてくれるので、安心して利用できる印象でした。

プールには、「すべり台」もありました。

すべり台。

プールサイドには、ゆっくり座れるプール椅子もありました。

プールを利用した感想

小くまは、このプール「ウォーター・プレイ・エリア」が、とても!気に入ったようでした。

レゴランドホテルに滞在している間に、合計で2回、プールを利用しました。

1度目は、レゴランドホテルに宿泊した日の夕方。「クリエイティブ・ワークショップ」が終わってから、夕食までの間に利用しました。

そして、レゴランドホテルに宿泊した翌朝。朝食を「ブリックス・ファミリー・レストラン」で食べた後に、2度目の利用。
朝食後に、プールに直行しました。

プールは室内にあり、水温も適度に保たれているので、使いやすいプールだと思いました。

6.クリエイティブ・ワークショップ

クリエイティブ・ワークショップは、レゴの作り方を学ぶことが出来る、宿泊客限定のワークショップです。

ワークショップの時間と定員

レゴランドホテルに宿泊した日の「クリエイティブ・ワークショップ」は、16:00~19:00まで1時間おきに開催されていました。

1クラス16名/30分間

クリエイティブ・ワークショップの予約

クリエイティブ・ワークショップの予約は、コンシェルジェデスクで予約をすることが出来ました。

我が家の場合は、レゴランドホテルに宿泊する日の朝、フロントに荷物を預けに行った際に、「クリエイティブ・ワークショップ」の予約もすませておきました。

予約をすると、部屋番号を記載した「ワークショップ予約票」をもらえました。

クリエイティブ・ワークショップ

参加した時の「クリエイティブ・ワークショップ」は、20分程度のワークショップでした。

ワークショップで作ったレゴ。

作ったレゴは持って帰ることは出来ませんでした。

ワークショップの記念に、レゴランドホテルのシールをもらえました。

ワークショップに参加できる年齢については、6歳から対象?という話を後から耳にしました。

ワークショップに参加した時の小くまは5歳だったのですが、普通にコンシェルジェデスクで予約をして、ワークショップに参加させてもらえました。

キッズプレイエリア

レゴランドホテルの2階にある「キッズプレイエリア」は、かなり大きな子供の遊び場でした。

ニンジャゴーの忍者屋敷をモチーフにした「アスレチック」のような設備でした。

はしごを登って上に行けたり。

ニンジャゴーのトレーニングハウスのような、こんな場所や

忍者屋敷の2階部分。

中は迷路のようになっていたり。

ロープの通路。

そして、忍者屋敷?の隣には、海賊船とレゴブロックの山。

そして、「ゲームルーム」もありました。

レゴランドホテル「ゲームルーム」

レゴブロックを作れるコーナー

レゴデュプロのコーナー。

いろいろ遊ぶことが出来るので、子供は本当に楽しいと思います。

我が家がレゴランドホテルに宿泊した初日は、シーライフ名古屋ランチ&「キッズ・プレイ・エリア」で遊び。

「クリエイティブ・ワークショップ」に行って、キッズプールで遊んで・・・

結局、レゴランドのパークには一度も行きませんでした(笑)

ホテルショップ

レゴランドホテルのホテルショップは、1階にあります。

大きなドラゴンの奥にあります。

ホテルショップには、レゴランドホテルの限定グッズも販売されるそうですが、我が家がレゴランドホテルに宿泊したのは「ソフトオープン」の期間だった為、まだ限定グッズはありませんでした。

ホテル内の内装

ホテル内の内装は、各階層別のテーマにそった内装になっていました。

パイレーツ

「パイレーツ」エリアは、レゴランドホテルの3階・4階部分になります。

「パイレーツ」フロアのエレベーターの扉。エレベーターの扉からテーマのイメージになっていました。

「パイレーツフロア」ホテルの廊下の内装

パイレーツフロア。ホテルの廊下のじゅうたん。

そして、パイレーツフロアの客室のドアです。まさに海賊部屋。

アドベンチャー

「アドベンチャー」テーマのエレベーターホール

「アドベンチャー」テーマの廊下

部屋の扉も、テーマに沿った一貫した内装で、部屋に入る前からテンションも上がりました。

キングダム

キングダムのフロアも、統一されたテーマで素敵でした。

キングダムフロア。ホテルの廊下の内装。

キングダムフロアの、エレベーターホールの様子。

エレベーターホールの各階の案内板も、テーマで統一されたインテリアでした。

ニンジャゴー

レゴランドホテルの各階のテーマを見ている中で、一番

「おおっ!」と思ったのが、「ニンジャゴー」のフロアでした。

もちろん、レゴランドホテルの各階のテーマは、どの内装も統一感があって素晴らしかったのですが。

その中でも、「ニンジャゴー」フロアに一番、統一感を感じました。

「ニンジャゴー」のフロアは、他のフロアとは違った雰囲気で

今回は「ニンジャゴー」のエレベーターホールや、廊下の内装を見ただけなのですが、「ニンジャゴー」の部屋のインテリアも、いつか見てみたい。泊まってみたいなぁーと思いました。

「ニンジャゴー」フロアのエレベーターホール。

フレンズ

レゴ・フレンズの廊下。

レゴランドホテルの「フレンズ」フロアは、最上階の8階にありました。

最上階の8階には、「キングダム」「フレンズ」の2つのテーマの部屋があります。

レゴランドホテルの部屋数的には、「フレンズ」テーマのお部屋が、一番部屋数が少ない「テーマ」になるようです。

9.自動販売機・氷マシーン

自動販売機は、各階のエレベーターホールにあります。

自販機の外装も、各階層のテーマに合わせた外装になっていました。

販売しているものは、ソフトドリンクで、アルコール類はありませんでした。

氷マシーンも、各階のエレベーターホールに設置されていました。

以上「レゴランドホテルに宿泊!施設編/レゴランドホテルの特典は?プール、ショップ」でした。

関連記事:レゴランドホテルの予約方法・値段・レストラン・特典やアメニティーをまとめて

レゴランドホテルの食事に関する関連記事:レゴランド・ジャパン・ホテルに宿泊!朝食編/朝食のメニューは?時間は?料金は?

関連記事:レゴランドホテルで食事!ランチ編/ランチのメニューは?時間は?料金は?

レゴランドのイベント

2018年 ハロウィン

現在のレゴランドは、ハロウィンイベント開催中です。

関連記事:レゴランドのハロウィンで出来ること【画像80枚】限定グッズ・ミニフィグ

夏のイベント

関連記事:新レゴランドのプール「スプラッシュ・パッド」混雑と持ち物、更衣室は?

シーライフ名古屋の関連情報


関連記事:シーライフ名古屋に行きました。シーライフのお土産とグッズ・限定品、所要時間は?