鈴鹿サーキットホテルに宿泊!口コミブログ。モートピアと誕生日特典は?

子供の誕生日のお祝いをかねて、初めての鈴鹿サーキット「ゆうえんちモートピア」に行ってきました。

鈴鹿サーキットホテルに宿泊して、1泊2日で鈴鹿サーキットに行く予定だったのですが、なんと6月だというのに台風が発生して、天気予報は大雨~台風の予定。

どうしよう・・・と思いましたが、既にホテルは予約済み。ここは覚悟を決めて行ってきましたー。

目次
鈴鹿サーキット「ゆうえんちモートピア」とは?
1.名古屋から鈴鹿サーキットへのアクセス
2.モートピアのチケットを購入する
3.鈴鹿サーキットホテルにチェックイン
4.鈴鹿サーキットで誕生日|バースデーシールとプレゼント!
5.鈴鹿サーキット「モートピア」
・ゆうえんちモートピアのアトラクション
6.鈴鹿サーキットのキャラクター
7.鈴鹿サーキット「モートピア」でランチ
8.モートピアのアトラクション。小雨の中いっぱい乗ったよ!
9.鈴鹿サーキットのコースに感動する
10.モートピアでカフェ休憩
11.鈴鹿サーキットホテルの部屋へ
12.大浴場「天然温泉クア・ガーデン」に行く
13.鈴鹿サーキットホテルで夕食
14.2回目の大浴場へ
15.鈴鹿サーキットホテルで朝食
16.モートピア2日目
17.モートピアでランチ・2日目
18.帰路|鈴鹿サーキットから名古屋へ
19.お泊まり鈴鹿サーキットの感想とまとめ
・嬉しかった誕生日特典

鈴鹿サーキット「ゆうえんちモートピア」とは?

もうすぐ6才になる小くまの、誕生日のお祝いをかねて、鈴鹿サーキットホテルにお泊まりをして、初めての「ゆうえんちモートピア」に行ってきました。

「ゆうえんちモートピア」は、鈴鹿サーキットの敷地内にある遊園地です。

鈴鹿サーキットは、F1日本グランプリが開催されたり、毎夏には8時間耐久レースで賑わうサーキット場なのですが、その国際コースのすぐ横に「ゆうえんちモートピア」はあります。

モートピアの観覧車に乗りに行くと、観覧車は、鈴鹿サーキットのコースのすぐ真横にありました。観覧車に行く途中で、サーキットコースの観客席にも入れてしまいました。

ああぁー、F1のコースだぁああ」などと思い、かなり感動しました。

名古屋から鈴鹿サーキットへのアクセス

名古屋から鈴鹿サーキットまでのアクセスは、今回は交通機関を利用しました。

名古屋駅から白子駅までは、近鉄電車で。白子駅から鈴鹿サーキットまでは、三重交通のバスを利用しました。

白子駅からのバスは、鈴鹿サーキットが終点なので、降りる場所を間違える心配もありません。

白子駅から「鈴鹿サーキット」行きのバスに乗って20分程、終点で降りると目の前が「鈴鹿サーキット」のメインゲートでした。

モートピアのチケットを購入する

チケット売り場

バスを降りてすぐ。鈴鹿サーキットのメインゲートの右手に、チケット売り場がありました。

最初に鈴鹿サーキットホテルに行って荷物を預ける予定だったのですが、到着した目の前にチケット売り場があったので、先にチケットを購入することにしました。

チケットの料金

ゆうえんちモートピアのチケット料金は、

入園券 大人 1,700円/子供 800円/幼児 600円

パスポート 大人 4,300円/子供 3,300円/幼児 2,100円

鈴鹿サーキットホテルの宿泊者特典で、入園料は無料になるのですが、欲しかったのは「のりもの乗り放題」のパスポートです。

今回は、カテエネの割引クーポンを持っていたので、これを利用しました。

モートピアのパスポートが、おとな 4,300円 → 3,000円 /幼児 2,100円 → 1,300円

というありがたい割引クーポンです。

でも!あとから知ったのですが・・・カテエネの割引クーポンを使うより、鈴鹿サーキットホテルの宿泊者特典で、2DAYパスポートを買うほうが更にお得でした・・・。

後からご紹介したいと思いますが、鈴鹿サーキットホテルに宿泊されるかたは、早まってチケットを買ってしまわないで下さいね!!

鈴鹿サーキット「ゆうえんちモートピア」の「のりもの乗り放題」のパスポートです。

シールタイプになっていて、服などに貼れるようになっていました。

紛失してしまった時は、チケットを購入した際のレシートがあれば、1回だけ再発行してもらえます。

この時は、「親切なサービスだなぁ」と思っていたのですが、実際に使ってみるとこのシールは、貼る場所によっては はがれやすいシールでした。

小くまのTシャツに貼ったシール(パスポート)は最後まで大丈夫だったのですが、ナイロン製のかばんにシールを貼った kumaは、途中でパスポート(シール)をなくしてしまいました!?

でも、落とした場所はだいたい見当がついたので、探しに行ったのですが。

なんと、スタッフの方も一緒に探してくださって・・・スタッフの方が見つけて下さいました。本当にお世話になりました(泣)

見つかってよかったけれど、でも落として~探して~というのは、けっこう恥ずかしい!?のと、スタッフの方にもご迷惑をかけてしまったので。。シールタイプのパスポートは、落とさないように気を付けてくださいね・・・。

鈴鹿サーキットホテルにチェックイン

鈴鹿サーキットに到着早々、「ゆうえんちモートピア」のパスポートを購入して、後はホテルに荷物を預けて、遊ぶぞーー!!と意気込んだものの。

で、ホテルってどこ????

となりまして。

ゆうえんちモートピアの入場ゲートで、係員の人に道を聞いて、モートピアの「ホテルゲート」の方向を教えてもらいました。

ゆうえんち「モートピア」のホテルゲート。

ホテルゲートにはループバスのりばがあって、電話の内線で連絡するとすぐに来てくれるようです。

なのですが、「モートピア・ホテルゲート」から「ホテルフロント」まで、中庭経由で150メートルの距離。

とても近いので、緑の自然豊かな中庭を通って、ホテルのフロントまで歩いて行きました。

歩く道は舗装されているので、歩きやすいです。

緑の中には噴水もあって、とても気持ちのいい雰囲気でした。

そのまま、ホテルのフロントまで行って、荷物を預けました。

それと同時に、フロントで今夜のチェックイン手続きも、してもらえました。

鈴鹿サーキットホテルのチェックインは、前払い制度でした。予約内容を確認後、前払いで料金を支払って、カードタイプのルームキーを渡してもらいました。

14時以降は、自由に部屋を利用できるとの説明を受けました。

鈴鹿サーキットで誕生日|バースデーシールとプレゼント!

またチェックイン手続きの中で、今月お誕生日のお子様はみえますか?と質問されたので、「小くまが今月、誕生日」であることを伝えると

プレゼントと「HAPPY BIRTHDAYシール」をもらえました。

こんなプレゼントがあるなんて知らなかったので、嬉しいサプライズでした!

この「HAPPY BIRTHDAYシール」を見やすい場所に貼っておくと、良いことがあるかも??という説明でしたので、小くまの着ている服に貼りつけて「ゆうえんちモートピア」に出かけました。

鈴鹿サーキット「モートピア」

ゆうえんちモートピアに行ったこの日は、なんと・・・6月なのに台風が来ていました。

週間予報では、行く予定の日にちょうど台風が来る・・・そして大雨・・・という天気予報だったので、悲しかったのですが、もうホテルの予約もしてあるので中止するわけには、いきません。

でも幸い台風は日本列島に直撃をまぬがれ、この日も時折、晴れ間がのぞく曇りの天気でした。

結果的に小雨がぱらつくことはありましたが、暑すぎず、雨予報で人も少なくて、とても快適に遊園地を過ごすことが出来ました。

荷物をホテルに預けて身軽になり。ホテルゲートから再度、「ゆうえんちモートピア」に入りました。

お泊まりで遊園地に遊びに行く1日目。ホテルに荷物を預けて、「さぁ今から遊びに行こう!」というこの時が、一番しあわせを感じる。

身軽になって、遊ぶ時間は いーっぱいあるし、疲れたらホテルに戻って休める~という安心感。これが大好きです!

ゆうえんちモートピアのアトラクション

初めて行った「ゆうえんちモートピア」で最初に乗ったアトラクションは

気球「ルンルンバルーン」に乗りました。

ゆっくりすわって遊園地をながめられると思っていたら、想像とは全然違っていた!

気球の中は立って乗るようになっていて、しかも「光ったらボタンを押してね」ボタンやら、「バーナー点火」ボタンやら、最後にはターゲットを狙って「マーカー発射」する等々、体験型のアトラクションでした。

「ゆうえんちモートピア」のアトラクションは、自分で操作して動かすモーター系のアトラクションをはじめ、体を動かしたり、体験するアトラクションが多い印象でした。

鈴鹿サーキットのキャラクター

次に、近くのアトラクション「プッチパレード」に乗っていると、近くの広場に「ゆうえんちモートピア」のキャラクターたちが来ているのが見えました。

モートピアのキャラクターグリーティングの時間だったのでしょうか?

駆けつけると、もう終わりの時間で

たまたま近くにいたキャラクターの一人とグリーティング。一緒に写真を撮ってもらいました。

モートピアのキャラクター。この子は「バット」と言うらしいです。

小くまはすぐに「バット」の名前を覚えて、えらくお気に入りになったみたいです。

触れ合いの時間はほんの少しだったのに、

「え?そんなに気に入ったの???」と思うくらい。

「バット」と「チララ」

小くまのお気に入り度が、かなり高いので、後から調べてみました。

モートピアのキャラクターは「コチラファミリー」と言うらしいのですが「コチラ」は手塚治虫さんのオリジナルデザインのキャラクターなのだそうです。

コチラファミリーは手塚プロダクションが版権を持つキャラクターだそうで、子供がひと目で気に入るキャラクターデザインってすごいなぁと思いました。同時に、テーマパークにオリジナルのキャラクターは必要なのだなぁ とも思いました。

鈴鹿サーキット「モートピア」でランチ

朝自宅を出発して、鈴鹿サーキットホテルに荷物を預けたのが10時30分くらいでした。

そこから「ゆうえんちモートピア」に入って、そろそろお腹もすいてきたので、モートピアの中でランチをすることにしました。

ランチを食べたのは「アドベンチャーグリル」

ハンバーガーをメインにワイルドな肉料理が自慢!お肉大好きファミリーにおすすめ。というお店。

「アドベンチャーグリル」は屋外のお店でした。

食べている途中で、小雨がぱらつくこともありましたが、屋根のあるテーブル席で食事をしたので、多少の雨でも平気でした。

モートピアのアトラクション。小雨の中いっぱい乗ったよ!

この日は、6月の日曜日だったのですが、なぜか台風まで発生する雨の天気予報の中。遊園地のアトラクションは、特に並ぶこともなく、乗りたいアトラクションに乗り放題でした。

結局この日に乗ったのは

  • ルンルンバルーン(気球)
  • プッチパレード
  • でんでんむし
  • パラ・セイラー
  • アドベンチャードライブ 2回
  • アドベンボート フロンティア 2回
  • ジョイフル広場で遊んで
  • バットのパワークリスタルハント 2回
  • フライングシップ
  • 鈴鹿サーキットの国際コースを見て
  • 観覧車
  • レーシングシアター

待ち時間もなく、たくさんのアトラクションに乗れました。

でもこれで全てのアトラクションに乗れたわけではなくて、1日目に乗れなかった分は、翌日2日目に乗りました。

鈴鹿サーキットのコースに感動する

モートピアの中で、観覧車はホテルゲートから離れた場所にあります。

観覧車に乗りに行く途中で、鈴鹿サーキットの国際レースコースの前を通ったのですが

観客席に入る入り口が空いていたので、観客席からコースを見ることもできました。

鈴鹿サーキットの国際レースコース。ここって、スターティンググリッド?

Honda Dream 真正面の席。最前列の客席にすわってみた目線はこんな感じでした。

こんな場所からF1を観戦できたら最高だろうなぁー。

その後、乗った観覧車からも、鈴鹿サーキットの国際コースが見えました。

モートピアでカフェ休憩

15時前になると、だいぶ疲れてきたので、モートピアの中でカフェ休憩することにしました。

ぶんぶんのパンケーキやさん

屋内のお店なので、雨が降ってきても大丈夫です。

ここで、いちごのパンケーキを食べて休憩しました。

鈴鹿サーキットホテルの部屋へ

そして、朝から遊んでかなり疲れていたので、少し早いですが、ホテルの部屋に行くことにしました。

朝、荷物を預けにフロントに寄った時に、チェックイン手続きも済ませて、本日宿泊する部屋のルームキーも、もらっていたので。

ゆうえんちモートピアから直接、ホテルの部屋に行くことにしました。

宿泊したのは、鈴鹿サーキットホテル「本館」です。

ゆうえんちモートピアの「ホテルゲート」を出て、150メートルのところにあるので、遊園地からもとても近いです。

本館の宿泊エリアは、ホテルのフロントとは別棟になっていて、宿泊のルームキーがないと中に入れないようになっていました。

鈴鹿サーキットホテル「本館」ツインルーム。

宿泊した部屋は1階だったのですが、中庭に面したベランダがついていて、ベランダの向こうには、緑の木々が見えました。

レースのカーテンの向こうはベランダ。

緑が見えて、のんびりくつろげる、とても良いお部屋でした。

部屋の中は空調の温度も最適で、こういう緑の見える部屋は大好き!なので。

部屋を見た第一印象は、「もうここに暮らしてもいいわー」なんて思いました。いや、そもそも暮らせませんけどね(笑)

大浴場「天然温泉クア・ガーデン」に行く

ホテルの部屋で少しくつろいだ後、夕食までに時間があったので、「天然温泉クア・ガーデン」に行きました。

「天然温泉クア・ガーデン」は、鈴鹿サーキットの敷地内にある天然温泉で、大浴場、露天風呂の他、サウナや温水プール、キッズスペースもある施設です。

通常であれば、温泉 1,100円/温泉+温水プール 1,600円 等の入場料金がかかるのですが、鈴鹿サーキットホテルの宿泊者は無料で利用することが出来ます。

タオルとバスタオルも貸してもらえるので、何も持っていかなくても大丈夫でした。

お風呂の湯舟は、大浴場と露天風呂の2種類なのですが、大浴場が広くて、気持ち良かったです。

夕食前に利用して、その後ご飯を食べてから、また2回目の利用をしました。

鈴鹿サーキットホテルで夕食

鈴鹿サーキットホテルに宿泊した夜の夕食は、ホテルのレストラン「そら・たべよ」でディナービュッフェを食べました。

この日は天気がどうなるか分からなかったので、時間的な都合が決められずに、予約はしていなかったのですが。

18時半頃に直接「そら・たべよ」に行きました。

入り口前のお会計で人数分のビュッフェ代金を前払いして席に案内してもらいました。

席に案内して下さった方が、小くまの付けている「バースデーシール」に気付いて、「バースデープレートをご用意しましょうか?」と声をかけて下さったので、お願いしました。

バースデープレートは無料のサービスで、食事の終盤に、名前と年令を入れた「バースデープレート」を持ってきてくれました。

スタッフのかたと一緒に「ハッピーバースディ」を歌って、写真を撮ってもらい。お誕生日のこんなサービスがあるなんて知らなかったので、とても嬉しいサプライズでした!

2回目の大浴場へ

食事の後は、一度部屋に戻ったのですが。

小くまが「おふろにいきたいーー」と言うので、2度目のお風呂「天然温泉クア・ガーデン」に行きました。

本館から「天然温泉クア・ガーデン」までは、こういう屋根つきの通路があるので、雨の日でもほとんど、濡れないで行くことが出来ました。

天然温泉クア・ガーデンのキッズスペース。

鈴鹿サーキットだけあって、キッズスペースに置いてあるものも、レーシングカーモチーフの遊び器具でした。

その後は、ホテルの部屋に戻って、のんびりしました。

部屋のテレビでは、モートピアのキャラクター「コチラファミリー」や HONDAのアシモ?が登場する劇も放映していました。

鈴鹿サーキットホテルで朝食

鈴鹿サーキットホテルに宿泊した翌朝の朝食は、夕食の場所と同じレストラン「そら・たべよ」でモーニングビュッフェを食べました。

モーニングビュッフェには、朝のおすすめ「生ジュース(Fresh juice)」が4種類ありました。

せっかくなので全種類、試してみました!

  • アンチエイジングジュース(ニンジン、オレンジ)
  • 100%トマトジュース
  • 美容ジュース(グレープフルーツ、ビーツ、はちみつ)
  • 健康ジュース(伊勢茶、ほうれん草)

モートピア2日目

モートピア2日目は、昨日乗れなかったアトラクションに乗ろうー!! ということで、1日目に乗れなかったアトラクションを中心にまわりました。

2日目に乗ったアトラクションは

  • ぶんぶんばち
  • エネワン
  • アクロエックス エボリューション
  • チクタクトレイン
  • コチラ ドライビングスクール
  • プッチパトロール 3回
  • プッチパワーショベル 2回

このアトラクションの中で、「エネワン」や「アクロエックス エボリューション」は、自分たちでマシンを運転する系のアトラクションで。乗るまでに、20分~30分程 待ちました。

「アクロエックス エボリューション」

自分たちがテストドライバーになって、でこぼこ道やら、水路を運転します。小学3年生からは、ひとりで運転ができ、2才以上であれば付き添いの大人と一緒に乗ることが出来ます。

悪路の運転は、難しかったー。そして結構、疲れます!

小くまはまだ、本格的な運転アトラクションより、こういうアトラクションの方が楽しいのかなぁ。

「プッチパトロール」

楽しかったのか、3回連続で乗っていました。

モートピアでランチ・プッチタウンキッチン

モートピアの2日目のランチは、

屋内で食べられる「プッチタウンキッチン」で食べました。

「キッズうどんセット」と「きつねうどん」

プッチタウンキッチンは、食事を注文するとサラダバーが付いてきます。といっても簡単な「サラダバー」なのですが。

帰路|鈴鹿サーキットから名古屋へ

2日目のランチは遅めの時間帯に食べたので、ランチを食べた後、帰路につきました。

というのも、交通機関で帰る場合、「鈴鹿サーキット → 近鉄白子駅」行きのバスの時刻表が。

土日祝日は、1時間に2本あるのですが、平日は・・・1日に5本しかバスの時刻表がないのです!

朝9:55/10:55/14:30/16:30/17:35

※ 2018年6月時点の時刻表です。夏休み期間中などは増便されます。

鈴鹿サーキットのバス停は、来るときに到着した「バス停」と同じ場所です。

鈴鹿サーキットのメインゲートのすぐ前までバスが来てくれるので、とても楽です。

三重交通のバスで「近鉄白子駅」まで20分。

楽しかった1泊2日の「鈴鹿サーキット」とも、これでお別れです。

お泊まり鈴鹿サーキットの感想とまとめ

ゆうえんちモートピアに行ったこの日は、なんと・・・6月なのに台風が来ていました。

でも幸い、台風は日本列島からそれて行ってくれたので、小雨はぱらつくものの、曇りの天気で、暑すぎず過ごしやすい天候でした。

また台風の予報のおかげ?で、6月の日曜日だというのに人も少なくて、ほとんどのアトラクションに並ばずに乗れて、結果オーライでとても良い滞在になりました。

kumaは子供の頃、かなり昔に鈴鹿サーキットの遊園地に遊びに来たことがあります。

子供の頃の記憶では、鈴鹿サーキットの遊園地は、「小さな遊園地」というイメージだったのですが

でも今回小くまと一緒に「ゆうえんちモートピア」に行ってみて、子供の頃の記憶と全然違う!!と思いました。

「ゆうえんちモートピア」は想像以上に良かった!!です。

モートピアから帰る時、「またここにくるよね・・・?」と言って、小くまは少し涙ぐんでいました。

帰る間際にも、「バット、ばいばーーいい」と言って、また涙ぐみ・・・よほど楽しかったみたいです。

「また、ここにくる」という、指切りで約束までさせられました(笑)

「ゆうえんちモートピア」きっとまた再訪すると思います。

鈴鹿サーキットホテルの感想は、これもまた思っていた以上に良かった!!です。

本館のツインルームに宿泊したのですが、ホームページ等で見るより部屋の中が広かったです。特に、窓際のソファスペースが広々としていました。

ソファはエキストラベッドとしても使えるのでしょうか?この部屋なら3人でも余裕をもって使えると思いました。

鈴鹿サーキットホテル「本館」の立地も、とても良かったです。

ゆうえんちモートピアのホテルゲートから、150メートルでホテルなので、歩いてすぐにホテルに着きます。

ホテル「本館」からは、ゆうえんちモートピアだけでなく、大浴場もレストランも近くて、とても便利でした。

鈴鹿サーキットの敷地内はループバスが走っているのですが、本館に宿泊している間、結局1回もループバスは利用しませんでした。

鈴鹿サーキットホテルの本館に宿泊して、遊園地に隣接している立地の良さを満喫することが出来ました。

鈴鹿サーキットの誕生日特典

今回の1泊2日の鈴鹿サーキットは、小くまの誕生日のお祝いもかねて行ったのですが、

  • 鈴鹿サーキットホテルにチェックインの時に、バースディシールとプレゼントをもらえた!
  • 夕食ビュッフェの時に、バースデープレートを用意してもらえた

なんていう、サプライズもあって、本当に嬉しかったです。

宿泊した1日目、ゆうえんちモートピアでは、午後4時から

  • お誕生月のおともだち
  • 「できた!」が増えたおともだち

を対象に、キャラクター・グリーティングがあるらしいのですが、うっかり時間を忘れていて、そちらには参加できませんでした。

それがちょっと残念ではありますが、遊園地もあり、天然温泉もある1泊2日の「鈴鹿サーキット」は、本当に良かった。

とても良い思い出になりました。また絶対に、行くと思います。

夏にはプールエリアもオープンするらしいので、次はプールに行きたいです。

以上「鈴鹿サーキットホテルに宿泊!口コミブログ。モートピアと誕生日特典は?」でした。