鈴鹿サーキットホテルに宿泊!朝食編/朝食のメニューは?時間は?料金は?

鈴鹿サーキットホテルに宿泊しました。

翌朝の朝食は、鈴鹿サーキットホテルのレストラン「そら・たべよ」で食べました。

鈴鹿サーキットホテルの朝食「そら・たべよ」で食べた朝食ブッフェの様子などをお伝えしたいと思います。

目次
1.鈴鹿サーキットホテルの朝食
・レストラン「そら・たべよ」
・営業時間と料金
2.鈴鹿サーキットホテル朝食のメニュー
・パン
・サラダ
・洋食のおかず
・和食のおかず
・オムレツ
・鈴鹿の朝ごはん
・子供用コーナー
・ご飯/お粥/カレー
・味噌汁/スープ
・フルーツ、シリアル、デザート
・ドリンク、紅茶、コーヒー
・フレッシュジュース
3.レストラン「そら・たべよ」の座席の様子
4.鈴鹿サーキットホテルの朝食で実際に食べたもの
5.鈴鹿サーキットホテルの朝食の感想とまとめ

1.鈴鹿サーキットホテルの朝食

鈴鹿サーキットホテルに宿泊した翌朝の朝食を、レストラン「そらたべよ」で食べました。

レストラン「そら・たべよ」

鈴鹿サーキットホテルの敷地の中で、レストランは別棟になっています。

宿泊した鈴鹿サーキットホテル「本館」からレストランまでは、徒歩2、3分の距離で、緑の中庭を通ってすぐに行けます。

朝の中庭は、緑の木々が清々しくて、気持ちの良い空気でした。

営業時間と料金

レストラン「そら・たべよ」の、朝食の営業時間は、

朝食時間

  • 平日 7:30~10:00
  • 土日祝日 7:00~10:00

モーニング料金

  • 大人(中学生以上)1,730円
  • 子供(小学生)1,300円
  • 幼児(3才~未就学児)650円

2.鈴鹿サーキットホテル|朝食のメニュー

鈴鹿サーキットホテルのレストラン「そら・たべよ」の朝食は、バイキング形式の「モーニングビュッフェ」でした。

パン

クロワッサン

ショコラデニッシュ

ロイヤルローフ

プチパン

ロイヤルローフとプチパンの横には、トースターもありました。

パンをのせて待っていると、焼けたパンが下のところに出てきてくれます。

マーガリンとイチゴジャム

サラダ

サラダは、サラダコーナーのビュッフェ台がありました。

レタス

ブロッコリー

キャベツ

海藻サラダ

コーン

プチトマト

きゅうり

ポテトサラダ

ドレッシングは、3種類ありました。

  • ノンオイル青じそドレッシング
  • シーザードレッシング
  • ゴマドレッシング

・洋食のおかず

ポークソーセージ。あらびきスモークで味わい深いポークを利用しています。

ベーコン

スクランブルエッグ

和食のおかず

鮭の塩焼き

冷ややっこ

冷ややっこのおともには、ポン酢、しょうが、きざみ葱、花かつお

納豆とのり

三重県産あおさのりの佃煮。

三重県の「あおさ」はとても美味しいので、食べてみたかったのですが・・・朝は「ご飯党」ではないので、あきらめました。。

伊勢湾産のあさり しぐれ煮

ゆず大根

きゅうり漬け

梅かつお

福神漬け

うどん。冷たい「おうどん」

うどんつゆと、きざみネギ、花かつお、ごまも用意されていました。

「朝から食物繊維でたっぷり腸美人」和風シェフ考案の、体に優しいおすすめ健康メニューとして、根菜を中心の野菜料理が、おすすめされていました。

10種具材の根菜サラダ

6種具材の卯の花

根菜のごま酢あえ

たけのこの土佐煮

だし巻き玉子

卵料理は、シェフが作ってくれる「オムレツ」を食べたので、今回はお腹の都合で「だし巻き玉子」は食べられなかったのですが。とても美味しそうな「だし巻き玉子」だったので、食べてみたかったです。

オムレツ

カウンターの中で、シェフがプレーンオムレツを作ってくれます。

カウンターの外側には、オムレツにかける用のソースが数種類

デミグラスソースとチーズソース

バジルソースと粉チーズ。

バジルソースが珍しかったので、試してみたい気持ちはあったのですが・・・結局、デミグラスソースとチーズソースを選んでしまいました。

鈴鹿の朝ごはん

シェフが作ってくれる「オムレツ」コーナーの横は、シェフが作ってくれる「たまごかけご飯」のカウンターでした。

「鈴鹿の朝ごはん」こだわり食材を使った、たまごかけご飯です。

  • 小林農産の「三重県産コシヒカリ」
  • 伊勢志摩産の「ちりめんじゃこ」
  • 鈴鹿産のこだわり卵「三重の御馳走たまご」
  • 伊賀の老舗醤油「はさめず醤油」

お願いすると、カウンターの中でシェフが作って、渡してくれます。

作ってもらった「たまごかけご飯」

子供用コーナー

フライドポテト

キッズウィンナー

キッズパンケーキ

ご飯の横には、子供用のお茶碗をはじめ、子供用の食器とコップもありました。

・ご飯/お粥/カレー

三重県産コシヒカリの、白いご飯。

三重県産コシヒカリの「おかゆ」

おかゆの付け合わせは、ザーサイ、春巻きの皮、ゆかり、海鮮XOジャン、辛味高菜。

辛子高菜のところには、「少量で十分辛くなっております」という注意書きがありました。

海鮮XOジャンと辛子高菜、辛くておいしそうです。

そして、「朝カレー」

味噌汁/スープ

スープは、たまごスープでした。

たまごたっぷりの、美味しそうなスープでした。

味噌汁は、普通の「お味噌汁」と「海老汁」がありました。

海老汁。濃厚な海老の旨味と磯の香りが食欲をそそる漁師町の一品。

海老汁は、味噌汁の中に写真のような海老の具材が、豊富に入っているわけではありませんでしたが、海老のだしが効いた、美味しい味噌汁でした。

フルーツ、シリアル、デザート

バナナ

パイナップル

玄米フレークのシリアル

フルーツポンチ

ヨーグルト

ドリンク、紅茶、コーヒー

ドリンクコーナーには、ソフトドリンク、紅茶、コーヒー、ミルクがありました。

用意されているドリンクの中で目を引いたのが、4種類の「生ジュース」でした。

フレッシュジュース

健康ジュース、美容ジュース、100%トマトジュース、アンチエイジングジュースという4種類の「フレッシュジュース」がありました。

色も鮮やかに、4種類の生ジュースはこんな感じで用意されていました。

フレッシュジュースは好きですし、せっかくなので全種類を飲んでみました。

3.レストラン「そら・たべよ」の店内と座席の様子

「そらたべよ」の朝食バイキングのビュッフェコーナーです。

レストランの店内は、大きな窓から陽射しも射し込む、明るい店内でした。

店内は広く、奥の方にはソファ席などの落ち着いた席もありました。

窓際エリアからは、中庭の緑が見えて良い感じでした。

私たちは、窓際エリアの、ソファ席のあるテーブルが空いていたので、こちらで食べました。

窓の外からは緑も見えて、のんびり食事をとることが出来ました。

4.鈴鹿サーキットホテルの朝食で実際に食べたもの

鈴鹿サーキットホテルの朝食で、実際に食べたものは

小くまの、キッズホットケーキと、プチトマト、コーン。

オムレツは、デミグラスソースやチーズソースなど色々あったのですが、小くまはシンプルなケチャップが好きなので。ケチャップで。

何だか、小くまの食事の量が少ない?!気がするのは、実はレストラン「そら・たべよ」では、

「食事を残さず全部食べた子供には、プッチコインをプレゼント」という企画をやっていて。

小くまは、食事を全部食べてプッチコインをもらいたい!と思っているので、バイキングでも、自分の食べられる分しか取らないようにした ようです。

kumaが食べたのは、「野菜サラダ」

海藻の上にのっているのは、プチマリンという「海の宝石」ともいわれる海藻だと聞いたので、せっかくなので載せてみました。プリマリンの味のほうは、海藻だから?無味な感じでした。

そして、シェフに作ってもらった「オムレツ」

デミグラスソースとチーズソースで、食べました。

普段は朝食には食べない「和食系」のおかず。「10種具材の根菜サラダ」

「10種具材の」という名前にひかれて、食べてみました。

根菜のごま酢あえ

6種具材のうの花。

こちらも「6種具材」という言葉にひかれて、とってしまいました。

そして、フレッシュジュースは4種類あって楽しそうだったので、とりあえず全部飲んでみたいなぁと思って、少しづつ。

左から、

  • アンチエイジングジュース(ニンジン、オレンジ)
  • 100%トマトジュース
  • 美容ジュース(グレープフルーツ、ビーツ、はちみつ)
  • 健康ジュース(伊勢茶、ほうれん草)

飲んでみた感想は

「アンチエイジングジュース」は、人参とオレンジジュースなので飲みやすかったです。生オレンジジュースのように美味しくて、子供でも美味しく飲めそうな味でした。

「100%トマトジュース」は、普通の100%トマトジュースの味でした。

そして、ピンクがかわいい「美容ジュース」ですが、味のほうは、生グレープフルーツジュースでした。ビーツとはちみつが入っていると言われなければ、100%のグレープフルーツジュースと思って飲んでしまいそう。

緑色の健康ジュースは、伊勢茶とほうれん草の生ジュースなのですが、まるで「野菜サラダを食べている」感じの生ジュースでした。

野菜サラダをあまり食べない方は、このジュースを飲むと、野菜をたくさん食べた!という健康気分になれそうな味でした。

4種類のフレッシュジュース。

朝は、「コーヒー」と「トマトジュース」と「生グレープフルーツジュース」があると幸せな kumaは、次に飲むとしたら

「100%トマトジュース」と「美容ジュース」を選ぶと思います。

鈴鹿の朝ごはん。シェフに作ってもらった「たまごかけご飯」です。

最初、「たまごかけご飯」が大好きな 小くまが食べたのですが、中に入っている「ちりめんじゃこ」と「大根おろし」の苦みが気になるのか、ひと口食べて食べられなかったので、残りは kumaがもらいました。

こちらで用意されている伊賀の醤油「はさめず」は、とても美味しいお醤油です。

以前、我が家は「はさめず醤油」にはまって、一升瓶で購入していた時期もありました。

最近は使っていないけれど、「久しぶりにまた、家でも使おうかなぁ」なんて思ってしまいました。

トーストしたプチパンと、ミニクロワッサン。

トーストしたプチパンは、小くまが「おいしい」と言って食べていました。

kumaが食べた ミニクロワッサンは、中はサクッとしていたのですが、マーガリンの香り?なのか分かりませんが、少し口に合わずに残してしまいました。

海老汁。

エビのダシがよく効いた、おいしいお味噌汁でした。

そして最後はやっぱりコーヒー。カプチーノで、ごちそうさまでした。

5.鈴鹿サーキットホテルの朝食の感想とまとめ

鈴鹿サーキットホテルに宿泊した翌朝の朝食を、レストラン「そら・たべよ」で食べました。

「そら・たべよ」の朝食はバイキング形式の朝食でした。

今回の宿泊は、素泊まりプランで、朝食券などは付いていませんでした。当日の朝、直接「そら・たべよ」に行って、レストランのお会計で人数分の料金を先払いして、レストランに入りました。

「そら・たべよ」を夕食で利用した時は、スタッフの方が席まで案内してくれたのですが、朝食は自由席で、「空いている好きな席に座って下さい」と言われました。

「そらたべよ」の店内は、大きな窓から陽射しも射し込む、明るい店内でした。

バイキングコーナーから、好きなものを選んで食べました。

「オムレツ」と、たまごかけご飯「鈴鹿の朝ごはん」は、シェフにお願いすると作ってもらえました。

鈴鹿の朝ごはん。

ドリンクコーナーには、4種類のフレッシュジュースが用意されていました。

  • 健康ジュース
  • 美容ジュース
  • 100%トマトジュース
  • アンチエイジングジュース

楽しくておもしろそうだったので、4種類のジュースを全部飲んでみました。

kumaのお気に入りは、「100%トマトジュース」と「美容ジュース」でした。

子供向けや、フレッシュジュースが苦手な人には、「アンチエイジングジュース」が良さ気だと思いました。オレンジと人参を使った生ジュースなので、飲みやすかったです。

バイキングのお料理は、洋食より和食のほうが充実している印象でした。

朝カレーもあったので、食べました。

ごちそうさまでした。

鈴鹿サーキットホテル朝食の混雑

私たちがレストランに行ったのは、7時20分頃でした。

午前7時20分頃の、バイキングコーナーの様子。人も少ないです。

レストランの座席も空席が多くて、バイキングコーナーのビュッフェ台のあたりも空いていたのですが、7時30分すぎになると、人が増えてきました。

7時30分頃のバイキングコーナーの様子。

私たちがレストランを出たのは、8時30分頃だったのですが、その頃には、食事をする人もかなり増えてきました。

8時30分頃。

レストラン棟からホテルに向かう途中の中庭でも、今から朝食を食べにレストランに向かう人達と、たくさん、すれ違いました。

朝食の混雑を避けるためには、早目に、7時30分より前に食事会場に行くのがおすすめだと思いました。

以上「鈴鹿サーキットホテルに宿泊!朝食編/朝食のメニューは?時間は?料金は?」でした。