鈴鹿サーキットホテルに宿泊!施設編/ホテルの宿泊特典は?温泉、プール、遊園地は?

鈴鹿サーキットの敷地内にある「鈴鹿サーキットホテル本館」に宿泊しました。

鈴鹿サーキットホテルの宿泊特典と、鈴鹿サーキットホテルの施設、温泉、プールなどをまとめてみました。

目次
1.鈴鹿サーキットホテルとは?
2.鈴鹿サーキットホテルの特典
3.鈴鹿サーキットホテルの本館
4.フロントデスク・ゲストサービス
5.天然温泉
6.温水プール
7.ホテルショップ
8.レストラン
9.自動販売機・氷マシーン

1.鈴鹿サーキットホテルとは?

鈴鹿サーキットホテルとは、鈴鹿サーキットの敷地内にある「鈴鹿サーキット」のオフィシャルホテルです。

鈴鹿サーキットホテルに宿泊すると、敷地内の遊園地や天然温泉「クア・ガーデン」を使えるなどの特典もあり、リゾート一体型ホテルとして、滞在している間、いろいろな楽しみがあります。

鈴鹿サーキットホテルの特典

ゆうえんちモートピアに入場できる

鈴鹿サーキットホテルに宿泊すると、隣接する遊園地「モートピア」の入場料が、2日間無料になります。

ゆうえんち「モートピア」ホテルゲート

遊園地モートピアのホテルゲートです。

遊園地「モートピア」は、小さな子供も楽しめる「ぶんぶんばち」のようなアトラクションから

身長制限があって、幼児や小学生低学年の子供は乗れないレーシングアトラクションまで。30種類以上のアトラクションがあります。

パークにアーリー入場できる

  • 鈴鹿サーキットホテルの宿泊者特典として、遊園地「モートピア」の営業開始15分前に入場できます
  • アーリーライドでは、9機種のアトラクションに乗ることが出来ます。

アーリーライドで乗れるアトラクション

  • ぶんぶんばち
  • アクロエックスエボリューション
  • DREAM R
  • ene-1
  • アドベンチャードライブ
  • ルンルンバルーン
  • キッズバイク
  • ツーリングバイク
  • DUEL GP

※営業機種は変更になる場合がございます。
アーリー入場、アーリーライドの実施日は不定期です。基本的に、土日祝日、夏休み期間中などには実施されるようです。

ene-1

アクロエックスエボリューションなど、1台づつ「自分たちで運転する系のアトラクション」は、乗っている時の満足度は高いですが、待ち時間が長くなりがちです。

アーリー入場・アーリーライドを利用できるのは良いですね。

天然温泉を利用できる

天然温泉クア・ガーデン(温泉+温水プール)を2日間無料で利用できます。

天然温泉クアガーデンの利用料金は、

大人(中学生以上) 1,100円/子供(3才以上) 900円

温泉と温水プールを利用する場合は、

大人 1,600円/子供 1,300円になります。

温泉の利用時間

6:30~9:30 / 11:00~24:00

※終了30分前に受付を終了いたします。

鈴鹿サーキットホテルの宿泊者は、滞在中何度でも無料で利用できます。

鈴鹿サーキットホテルのファミリーキャンプ場の宿泊者は、滞在中1泊につき2回まで無料になります。

※ファミリーキャンプの宿泊者は、鈴鹿8耐、インターナショナルSUZUKA 1000km、F1日本GP期間中は有料となります。

プールを利用できる

天然温泉クアガーデンにある温水プールを2日間無料で利用できます。

プールの利用時間

11:00~22:00

※終了30分前に受付を終了いたします。

駐車場を無料利用できる

ホテルの宿泊者は、鈴鹿サーキットの駐車料金が2日間無料になります。

通常の駐車料金は、普通車/1日 1,000円です。

遊園地「モートピア」パスポート優待料金

ホテル宿泊者は、遊園地モートピアの「乗り物乗り放題」パスポート1日券を、優待料金で購入できます。

大人(中学生以上)4,300円→3,700円
子供(小学生) 3,300円→2,800円
幼児(3才~未就学児) 2,100円→1,700円

宿泊者特典の、パスポート2日券の優待料金はかなりお得な料金です。

大人(中学生以上) 5,500円
子供(小学生) 4,200円
幼児(3才~未就学児) 2,700円

ボーリング場

鈴鹿サーキットの敷地内にあるボーリング場の「ご宿泊のお客様向け特別企画」で、2ゲーム以上ご利用いただくと次の1ゲーム無料企画をやっていました。

このチラシは、宿泊した部屋に置いてありました。

7月20日までの期間限定企画だったので、いつもある「宿泊者特典」ではないのかもしれません。

鈴鹿サーキットのボーリング場の営業時間

平日 14:00~22:00/土日祝 10:00~22:00

「小さなお子様も楽しめるガターのないキッズレーンやお子様用ボール、投球補助具もご用意しております。」

今回の宿泊では利用しなかったのですが、敷地内にあるボーリング場(サーキットボウル)は、夜22:00まで営業しているので、家族でボーリングをしてみるのも楽しいかもしれません。

※サーキットボウルの受付は、終了30分前までです。

鈴鹿サーキットホテルの本館

フロントデスク・ゲストサービス

鈴鹿サーキットホテルのフロントは、本館にあります。

サーキットホテル「本館」のフロント

鈴鹿サーキットホテルの本館1階。フロント横の待ち合わせスペース。

キッズコーナー

鈴鹿サーキットホテル本館のフロントの近くには、キッズスペースもありました。

キッズスペースのテレビでは、鈴鹿サーキットのキャラクター「コチラファミリー」を放映していました。

キッズスペースには、簡単なおもちゃ類や絵本もありました。

フォトスポット

鈴鹿サーキットホテル「本館」のフォトスポット。

サーキットらしい、こういうものも。子供はすぐに乗りたがりますよね。ここでも写真をパチリ。

天然温泉「クアガーデン」

鈴鹿サーキットホテルの宿泊者は無料で利用できる「天然温泉クアガーデン」の入り口です。

鈴鹿サーキットホテルの「本館」「ウエスト館」から天然温泉「クア・ガーデン」までは、屋根付きの通路でつながっています。

雨風の強い日は、横雨が差し込むかもしれませんが、少しくらいの雨なら濡れないで温泉まで行けました。

天然温泉「クアガーデン」の入り口です。

入り口で靴を脱いで、男女別に用意されている「靴ロッカー」に外靴を入れます。

靴ロッカーは鍵付きです。空いている場所(鍵のささっている場所)に靴を入れて、鍵を閉めます。

無料で利用できます。また靴のカギは、お風呂やプールに入る時には、フロントで預かってもらえました。

天然温泉「クアガーデン」に靴を脱いで入ると、正面の左側に「受付」があります。

こちらで宿泊キーと宿泊カードを見せると、無料で温泉とプールを利用できます。

貴重品は、受付の横にロッカーがありました。

ロッカーの料金は100円ですが、荷物を出す時に返却されます。

でも100円玉がないと使用できないので、小銭は持って行ったほうが良さそうです。

タオルとバスタオルは、受付で貸してもらえます。

お風呂

お風呂は「受付」から階段を下りたところにありました。

女風呂は、室内に、とても広い浴槽と、サウナ、水風呂。外には露天風呂がありました。

室内の温泉の浴槽は1個ですが、とても大きくて広い浴槽でした。

休憩スペース

受付と同じ階には、休憩スペースもありました。

休憩スペースには、新聞やテレビもありました。

ほかにも、ジュースの自販機、ビールの自販機、ちょっとした食べ物など。

食べ物系の自販機では、おつまみになりそうな食べ物が、370円で売っていました。

  • 五目おにぎり&からあげ/ 370円
  • 台湾飯/ 370円
  • からあげチキン/ 370円
  • たこ焼き/ 370円
  • チキン&ポテト/ 370円
  • 焼おにぎり/ 370円

有料ですが、マッサージチェアもありました。

キッズスペース

休憩スペースには、キッズコーナーもありました。

鈴鹿サーキットらしく、キッズコーナーにもスポーツカーをモチーフにした器具と、柔らかい素材の安全帯クッションも、タイヤ型でした。

私たちは宿泊中に、2回温泉を利用しました。1度目は夕食前に、2度目は夕食後に利用しました。

夕食後に利用した時は、お風呂に入ってキッズコーナーで遊ぶ頃には、21時半をまわっていたのですが、夕方よりこの時間帯の方が休憩スペースは賑やかでした。

ホテルの部屋には、

「スリッパ・パジャマは、お部屋内やクアガーデンへのお出かけの際にご使用ください。レストラン、遊園地へのお出かけやお持ち帰りはご遠慮ください。」

というご案内があったので、パジャマを天然温泉「クアガーデン」に持ってきても良かったのですが、今回は温泉を出てからも私服に着替えました。

夜の時間帯の休憩スペースは、大人の人は私服が多かったですが、子供はパジャマに着替えている子供も多かったです。

後から着替えなくてもいいし、さっぱりくつろげるので、「小くまの分だけでもパジャマを持ってきてあげればよかったなぁ」と思いました。

温水プール

ホテルショップ

鈴鹿サーキットホテル「本館」のフロント前には、ホテルショップがありました。

営業時間

朝8:00~夜 21:00

鈴鹿サーキットのお土産

コチラファミリーのキャラクターグッズや、お菓子。

モートピアのアトラクションをモチーフにした「でんでんの小道」「ぶんぶんのお散歩」

鈴鹿サーキットのキャラクター「チララ」のお菓子。540円や650円といった、買いやすいお値段のお土産。

鈴鹿サーキットや、車をモチーフにしたお菓子も種類たくさんありました。「鈴鹿8耐バター&チョコクッキー/1,200円」

鈴鹿チョコタルト 14個入り 1,200円

アスファルトラスク/1,080円

かわいいキャラクター系のお菓子と、かっこいいサーキット系のお菓子がありました。

フォーミュラ缶チョコレート 1,800円

アスファルトせんべい 1,200円。ばらまきお菓子に面白そうです。

タイヤカスさきいか 520円

お土産の他に、日用品も置いてありました。

紙オムツもMサイズ~ビッグサイズまで、

2枚入り/210円で小分けにして売っていたのが、親切だなぁと思いました。メーカーも、メリーズとパンパースのものがありました。

  • ベビー麦茶/155円
  • ピュアウォーター/155円
  • メグミルクぴゅあ/515円
  • ベビーフード(離乳食)/365円

カップラーメンや、部屋でつまめそうなスナック類。

缶チューハイ、ビール、ペットボトルのお茶、ジュースなども売っていました。

ホテルショップは夜21時まで営業しているので、夜食やビールなどを買っている方もいました。

レストラン

鈴鹿サーキットホテルのレストランは、ホテルとは別棟になります。「S・PLAZA」棟に、3軒のレストランが入っています。

レストラン「そら・たべよ」

ビュッフェレストラン「そら・たべよ」

レストラン棟に入ってすぐ1階にあります。

営業時間

  • モーニングビュッフェ:7:30~10:00 ※土日祝日は7:00~
  • ランチ営業:11:30~15:00
  • ディナー営業:17:30~21:00

メニューと料金

  • メニューはバイキング形式になります
  • モーニングビュッフェ:大人1,730円/子供1,300円/幼児650円
  • ランチビュッフェ:大人1,950円/子供1,410円/幼児650円
  • ディナービュッフェ:大人3,030円/子供1,950円/幼児650円

※大人(中学生以上)/子供(小学生)/幼児(3才~未就学児)になります。

※ディナービュッフェは、お盆期間・特定期間などのオンシーズンには、通常料金より高くなる場合があります。

カフェ Sunpo

営業時間

11:00~18:00(ラストオーダー:17:30)

メニュー例と料金

  • ラタトゥイユバーガー 1,000円
  • てりやきバーガー 980円
  • 阿保が土バーガー 1,000円

グリル&バー・SHUN

営業時間

18:00~22:00

金・土・祝前日は 23:00まで。ラストオーダーは営業終了の30分前です。

メニュー例と料金

  • コース料理 5,800円~12,000円
  • ステーキコース 6,500円
  • バースデーコース 6,500円
  • キッズコース 3,500円
  • キッズプレート 2,000円

本館からレストランまで

鈴鹿サーキットホテルの「本館」からレストランまでは、温泉に行く時と同じような「屋根付きの通路」がありました。

この通路を通っていけば、雨に濡れないでレストランまで行けると思ってしまったのですが・・・実はこの通路は途中で終わっていました。

残りの道はレストランまで、ホテルの中庭を通っていきます。雨の日は、途中からは濡れてしまうので、傘が必要です。

鈴鹿サーキットホテルの「本館」を出たところに、ホテルの傘が用意されていました。雨の降っている時に、レストランまで行くのに、使わせてもらいました。

本館からレストランまでの道は、中庭を通って行くのですが。

この中庭が、緑豊かで、お花も綺麗でとても素敵でした。

夜のイルミネーション

夜には、イルミネーションもされていました。

あいにくの雨でゆっくり楽しめませんでしたが、夜のライトアップは、とても素敵なイルミネーションでした。

自動販売機・氷マシーン

鈴鹿サーキットホテル「本館」の自動販売機は、各階にありました。

1階と3階にある「自販機コーナー」には、ジュースと、ビール、缶チューハイの自販機がありました。

ビールの料金は、「350ml 350円/500ml 500円」と、ちょっと高めでした。本館にあるホテルショップにもアルコール飲料は売っていましたが、自販機と同じ価格でした。

2階の自販機コーナーには、製氷機もありました。

そのかわり2階には、ソフトドリンクの自販機のみ。アルコールの自販機はありませんでした。


以上「鈴鹿サーキットホテルに宿泊!施設編/ホテルの宿泊特典は?温泉、プールは?」でした。