新レゴランドのプール「スプラッシュ・パッド」混雑と持ち物、更衣室は?

レゴランドの新アトラクション「レゴ・シティ・ビーチパーティ」がオープンしました。

オープンした週の日曜日に、「レゴ・シティ・ビーチパーティ」の中にある、プール「スプラッシュパッド」で遊びたくて、レゴランドに行ってきました。

プールの混雑と、更衣室の様子や、持って行った方が良い持ち物リストなどをまとめてみました。

目次
1.プールの場所
2.レゴシティ・ビーチパーティ
3.プールの混雑は?
4.プールエリアの様子
5.プールの更衣室
6.プールの持ち物と注意事項

プールの場所

レゴランドのプールは、レゴランドの新アトラクション「レゴ・シティ・ビーチパーティ」の中にあります。

レゴランドのマップ(レゴランドのパーク内で無料でもらえるマップ)の「レゴ・シティ」エリアの9番の場所になります。

レゴ・シティ・ビーチパーティ

レゴ・シティ・ビーチパーティの中には、2つのエリアがあります。

  • プール「スプラッシュ・パッド」
  • 「ビルド・ア・ボート」

プール「スプラッシュ・パッド」

プールエリア「スプラッシュ・パッド」

時折、ざっぱーーんと水がふりかかる水色エリアと、

小さな子供も水遊びができる、比較的ぬれない場所もありました。

プールで遊ぶためには、事前に配布される「整理券」が必要です。

整理券がなくても入れる時間帯

夕方の時間帯などは、整理券の配布なしで入れる時間帯もあるようです。

我が家が行った日は、16時以降は「整理券の配布なし」だったようです。日によって変わるようですが、15時以降~は整理券がなくても入れる日もあるようです。

ビルド・ア・ボート

プールの向かい側にある「ビルド・ア・ボート」

レゴで船を作って、水流のある水の中に浮かべて遊ぶことが出来ます。

「ビルド・ア・ボート」は屋外施設ですが、上に大きな屋根があるので「ビルド・ア・ボート」自体は日陰エリアになります。

「ビルド・ア・ボート」は、整理券は、いりません。自由に行って遊ぶことができるエリアです。

ただこの日は、オープンした週の日曜日だったこともあって、かなり混雑していました。

プールの混雑は?

レゴランドのプール「スプラッシュ・パッド」は、事前に整理券をもらって、30分間の入れ替え制になります。

「レゴ・シティ・ビーチパーティ」の前に、整理券配布場所があります。

が・・・やはり大変人気のようで、我が家が行ったこの日(日曜日)は、10時30分の時点で整理券の配布は終了していました。

この日のレゴランドは10時開園でしたので、開園から30分で、整理券はなくなってしまったことになります。

そして我が家も・・・この日は、プールが目当てでレゴランドに行ったのに、整理券をもらえませんでした(泣)

整理券さえもらってしまえば、入場人員は制限されているので、プールエリアの中の混雑は、こんな感じでした。

そう広いプールエリアではないのですが、入場制限があるので、中に入ってしまえば混雑することなく遊べそうです。

オープンした週の日曜日ということもあって、プールの外は、かなり人が多かったです。

プールは整理券がないと入れませんが、隣にある「ビルド・ア・ボート」は整理券なしでも遊べます。

プールの中は快適そうでしたが、「ビルド・ア・ボート」はとても人が多くて混雑していました。

プールに入るには?

整理券をもらう

プールに入るには、まず整理券配布場所で、整理券をもらいます。

我が家が行った日は、「開園から30分で整理券の配布は終了した」とのことでした。プールに入るためには、レゴランドの開園後、すぐに整理券配布場所に行って、整理券をもらった方が良さそうです。

整理券の時間に、入場集合場所に行く

プールは30分の入れ替え制です。(2018年7月1日現在)

プールの前に「入場集合場所」があります。

プールエリアに入る服装に着替えてから、入場集合場所に並びます。

11時30分からの整理券「入場集合場所」の5分前の様子です。かなりの人が並んで待っています。

プールエリアの中は、素足です。プールエリアの前に、靴箱入れがあります。プールに入る方はここで靴を脱いで中に入ってください。

整理券がなくても入れる時間帯

夕方など、整理券がなくても入れる時間帯もあります。

我が家が行った、夏休みの土曜日の夕方は、整理券の配布がない時間帯でした。水着に着替えてスプラッシュパッドの入場集合場所に並んで入場できました。

入場した日のレゴランドは、パークの閉園時間が19時でした。

この日は、16時以降の回は、整理券の配布がなかったようです。

日によっては、15時以降~は、整理券の配布がない日もあるようです。

スプラッシュパッドは、30分間の完全入れ替え制です。

夕方のこの時間帯は、整理券の配布がなくても入れたので、30分遊んだ後、また並びなおして、もう30分遊べました。

プールの服装

プールの中の服装ですが、子供は水着でした。

付き添いの大人の方は、水着の上にTシャツを着ている方や、普通のお洋服の方もいました。

砂浜をイメージした、肌色の「砂浜エリア」や、小さな子供が水遊びできる場所は、さほど濡れないようです。(それでも水しぶきなどで多少は濡れると思います)

一方、水辺をイメージした「水色のエリア」は、めちゃくちゃ濡れます。

濡れなそうな水辺ですが、時折「ざっぱーーん」が来ると

こんな感じで、普通のお洋服だと、めちゃくちゃ濡れると思います。

有料の「全身ドライヤー」もありました。約3分/300円です。

プールの更衣室

プールの更衣室は、「レゴ・シティ・ビーチパーティ」エリアの奥にありました。男女別の更衣室で、中には長椅子とコインロッカーがありました。

コインロッカーは、1回200円の有料でした。

そしてこの更衣室なのですが、中はかなり狭いです。

3、4組の親子が着替えをしたら、もう手狭でいっぱいになってしまいそうな、コンパクトな造りでした。そのせいか、更衣室の外で着替えをしている子供さんが、たくさんみえました。

シャワーと全身ドライヤー

更衣室の横に、シャワーがありました。

見たところ、2台のシャワーがありました。

そしてその横には、有料の全身ドライヤーが1台(300円/約3分)

全身ドライヤーの向こう側は、奥まった場所になるので、そこでお子さんの着替えをしている方が、結構みえました。

プールの持ち物

水着

プールの中の子供は、みんな水着を着ていました。子供の水着は必要だと思います。

水着用の帽子は着用しなくても中に入れるようです。かぶっているお子さんはみえましたが、かぶっていない子供の方が多かったです。
子供用のスイミングゴーグルをつけている お子さんもみえました。時折「ざっぱーーん」とくるのでゴーグルがあると便利かもしれません。なくても平気だとは思いますが。

大人の方は、水着を着ている人も普段着の人もいました。

比較的水にぬれないエリアで付き添うのなら、水着でなくても大丈夫そうでした。

ただ、水辺エリアに入るなら濡れるのは覚悟!だと思います。

タオル・バスタオル

レゴランドホテルのプールには、ロッカールームにタオルが完備されていましたが、「スプラッシュ・パッド」には、タオル類は一切用意されていません。

水着と一緒に、タオル・バスタオルが必要です。

更衣室はありますが、あまり広い更衣室ではないので、更衣室の外で着替えている子供がたくさんいました。着替えがしやすい大き目のバスタオルや


こういう着替え用のタオルドレスがあると便利だと思いました。

プール「SPLASH PAD」の注意事項

  • アトラクションであそぶときは、水着をきよう。
  • 6才未満のお子様は大人の付き添いが必要です。
  • 水遊び用オムツを着用してください。オムツを着用した子供のスライド利用は禁止です。
  • このアトラクションは濡れます!
  • アトラクションでの飲食・喫煙はご遠慮願います。
  • 大人1名、子供2名まで付き添い可能です。
  • ジッパー、バックル、金属製飾りのついた水着は着用禁止です。
  • アトラクションのなかでは浮き輪、傘、カメラ等の使用は禁止です。

以上「新レゴランドのプール「スプラッシュ・パッド」混雑と持ち物、更衣室は?」でした。

関連記事:レゴランドの営業時間。夏は夕方からが過ごしやすい。夏対策とおすすめ時間帯

関連記事:レゴランド|夏におすすめ!冷たい食べ物と、飲み物の持ち込み&無料の水飲み場


宿泊者限定で利用できる「レゴランドホテル」のプールについては
関連記事:レゴランド・ジャパン・ホテルに宿泊!施設編/レゴランドホテルの特典は?プール、ショップ

コメント

  1. atmrj より:

    売ってるガイドブックより、はるかにわかりやすく丁寧です⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
    しかも、見やすい!
    レゴランド記事も、素晴らしいです。

    • kuma より:

      コメントありがとうございます。
      実際に行って体験したことを書いているので、全てを網羅できるわけではありませんが・・・見やすいと言っていただけると、嬉しいです!
      読んでいただいて、ありがとうございました!